高卒におすすめの転職エージェントはこちら >>

高卒転職の厳しい現実に打ち勝つ方法4選【スキル・経験・行動力で勝負】

  • 高卒転職の現実は厳しいのかな?
  • 学歴で採用されないってことはあるの??
  • 高卒転職の厳しい現実を打開する方法は?

僕自身は最終学歴高卒で転職活動をしているため、高卒転職の厳しい現実は痛いほど分かります。

この記事では以下について解説します。

  • 高卒転職の現実が厳しい理由
  • 高卒が応募できる求人の数と例
  • 高卒転職の厳しい現実を打開する方法

結論、高卒転職の現実は厳しいです。

その事実は変えることができないため、自分自信が行動することで厳しい現実を打開するしかありません。

高卒転職の厳しい現実を打開したい方は参考にしてみてください。

運営者情報・サイトポリシー>>

クリックできる目次

【結論】高卒転職の現実は厳しい

冒頭でもお話したとおり、高卒転職の現実は厳しいのは間違いありません。

僕自身も高卒で転職活動をしていますが、高卒で転職するのは大卒が転職するよりも確実にハードルが上がることを実感しています。

以下はTwitterから抜粋した高卒転職の現実についてのつぶやきです。

上記の高卒の転職活動経験者の声から、高卒転職の現実は厳しいことがわかるかと思います。

書類選考の段階で学歴によってふるいにかけられることが多いため、大卒と比べると高卒転職の現実が厳しいのは間違いありません。

高卒転職の現実が厳しい2つの理由

高卒転職の現実が厳しいとされる大きな理由は以下の2つです。

高卒転職が厳しい理由
  • 現在は高卒が少数派であること
  • 学歴フィルターが存在していること

現在は高卒が少数派であること

高卒転職の現実が厳しい理由の1つ目は、現在は高卒が少数派であることです。

以下のグラフは高等教育機関(大学(院)・高専・専門学校・短大)への進学率を表したグラフです。

高等教育機関への進学率(薄青色)は83.5%となっていることから、高卒で就職する人の割合は16.5%程度でかなりの少数派あることが分かります。

出典:令和2年度学校基本調査(確定値)の公表について

現代では大学に進学するのが当たり前となっていることから、少数派である高卒転職の現実は厳しいものになっています。

学歴フィルターが存在していること

高卒転職の現実が厳しい理由の2つ目は、学歴フィルターが存在していることです。

企業が求人募集するのには以下のような背景があります。

  • 人材不足のため即戦力が欲しい
  • 事業を大きくするために必要な人材が欲しい
  • 会社を安定させるために長く働いて成長してくれる人材が欲しい

要するに企業は「採用するなら優秀な人材が欲しい」と考えているということですね。

高卒の方にも優秀な人はいるとは思いますが、厳しい入試と就職試験を経験している大卒の人材の方が優秀である可能性が高いため、学歴フィルターを設けている企業が多いという現実があります。

企業が使える時間は無限ではなく、すべての求職者を面接することはできないため、大卒に絞って求人募集しているのです。

上記のように学歴フィルターを設けている企業が多いことが高卒転職の現実が厳しい理由の1つとなっています。

【実例】高卒が応募可能な求人数と業種・職種

実際に高卒が応募できる求人の数と応募しやすい業種・職種について調べてみました。

高卒が応募できる求人の数

転職エージェントの中でも求人数の多い、以下の転職サービスにて高卒が応募できる求人の数を調べてみました。

調査対象

  • dodaエージェント
    全求人:110,094件(2021年12月現在)
  • リクルートエージェント
    全求人:146,894件(2021年12月現在)

調査結果

転職エージェント全求人数高卒が応募できる求人
dodaエージェント110,094件56,625件(51%)
リクルートエージェント146,894件84,987件(58%)
高卒が応募できる求人数(doda)

上記の調査結果から、全求人数のうち高卒が応募できる求人は50〜60%程度ということがわかります。

「半分以上あるじゃん」と思われるかもしれませんが、上記の求人は高卒だけが応募できるわけではなく、大卒の応募も可能です。

高卒は応募できる求人が限られるのに対し、大卒は制限なく全求人に応募できるため、どちらが厳しい条件での転職活動になるかは明白ですね。

高卒社会人が応募しやすい業種

転職エージェントの中でも求人数の多い、dodaエージェントにて高卒が応募しやすい業種を調べてみました。

調査対象

  • dodaエージェント
    全求人:110,094件(2021年12月現在)

調査結果

※高卒が応募できる求人5,000件以上の業種は青太文字としています。

業種全求人数高卒が応募できる求人
IT・通信20,922件12,913件
インターネット・広告・メディア13,291件8,283件
メーカー(機械・電気)21,034件8,796件
メーカー(素材・科学・食品他)8,457件3,369件
商社5,182件2,426件
医薬品・医療機器6,248件1,948件
金融3,771件1,087件
建設・プラント・不動産24,088件14,228件
コンサルティング5,044件1,515件
人材サービス10,607件5,587件
小売3,279件2,060件
外食・飲食1,000件756件
運輸・物流1,374件822件
エネルギー1,184件548件
旅行・レジャー730件461件
警備・清掃328件222件
美容・エステ197件110件
教育1,451件483件
農林水産149件90件
公社・学校143件43件
冠婚葬祭227件149件
その他1,884件1,130件
高卒が応募しやすい業種(doda)

上記の調査結果から、以下の業種は高卒が応募しやすい求人であることがわかります。

  • IT・通信
  • インターネット・広告・メディア
  • メーカー(機械・電気)
  • 建設・プラント・不動産
  • 人材サービス

高卒転職では上記の業種を狙って転職活動をすれば、比較的転職を成功させやすいと言えます。

高卒社会人が応募しやすい職種

転職エージェントの中でも求人数の多いdodaエージェントにて高卒が応募しやすい職種を調べてみました。

調査対象

  • dodaエージェント
    全求人:110,094件(2021年12月現在)

調査結果

※高卒が応募できる求人5,000件以上の職種は青太文字としています。

職種全求人数高卒が応募できる求人
営業職21,082件9,415件
企画・管理(マーケティング)16,471件6,650件
技術職(エンジニア)24,814件14,975件
技術職(ソフトウェア)2,937件1,346件
技術職(機械・電気)16,092件7,656件
技術職(化学・素材・化粧品)2,278件741件
技術職(食品・香料・飼料)786件388件
技術・専門職(建設・建築・不動産)20,117件12,264件
専門職(コンサル)2,919件838件
クリエイティブ職(広告・Web)4,568件3,100件
販売・サービス5,531件3,395件
公務員219件104件
事務・アシスタント3,466件1,517件
医療系専門職2,856件830件
金融系専門職783件170件
高卒が応募しやすい職種(doda)

上記の調査結果から、以下の職種は高卒が応募しやすい求人であることがわかります。

  • 営業職
  • 企画・管理(マーケティング)
  • 技術職(エンジニア)
  • 技術職(機械・電気)
  • 技術・専門職(建設・建築・不動産)

高卒転職では上記の職種を狙って転職活動をすれば、比較的転職を成功させやすいと言えます。

高卒転職の厳しい現実を打開する4つの方法

高卒転職の厳しい現実を打開する方法は以下のとおりです。

高卒転職の厳しい現実を打開する方法
  • 今までの経験を生かした業種・職種に転職する
  • 市場価値が高まるスキルを身につける
  • 市場価値が高まる資格を取得する
  • 転職エージェントを利用して転職サポートを受ける

今までの経験を活かした業種・職種に転職する

高卒転職の厳しい現実を打開する1つ目の方法は、今までの経験を活かした業種・職種に転職することです。

高卒のアドバンテージとしては、同い年の大卒と比べて社会人経験が長いこと。

そのため、これまでの社会人経験を存分に生かした業種・職種に転職することで、即戦力として雇ってもらいやすくなります。

業種・職種のいずれかを固定したまま転職する「軸ずらし転職」を目標に転職活動を行うことで転職成功率が高まることでしょう。

軸ずらし転職については戸塚俊介(moto)さんという方が執筆された「転職と副業のかけ算」で詳しく解説されています。

未経験の業種・職種に転職したい場合でも、今の仕事との共通点を見つけ活かせる知識やスキルをアピールすることで、面接官に「戦力になりそうだな」と感じてもらいやすくなります。

今までの経験を活かせる業種・職種を選択することで、高卒転職の厳しい現実を打開しましょう。

市場価値が高まるスキルを身につける

高卒転職の厳しい現実を打開する2つ目の方法は、市場価値が高まるスキルを身につけることです。

プライベートの時間を使って市場価値が高まるスキルを身につければ、スキル自体を評価してもらえるのはもちろんのこと、「自分自身で成長してくれる人材だな」と評価されやすくなります。

市場価値が高まるおすすめスキルはITスキルです。

なぜならIT化はどんどん進んでいきますし、市場が大きくなり需要が増える可能性が高いからです。

ITスキル等の市場価値が高まるスキルを身に着けて、高卒転職の厳しい現実を打開しましょう。

ITスキルを身につけるならテックアカデミーがおすすめです。

全31種類ものコースからこれからの時代に必須なITスキルを身につけることができます。

ITスキルは年齢に関わらず必須のスキルになりつつあるため、「なにかスキルを身に着けたい」と感じている人は体験してみて損はありません。

無料体験無料キャリア相談も可能ですのでぜひ試してみてください。

無料体験 & 無料キャリア相談が可能!!

テックアカデミーを詳しく見る

※現役エンジニアによる徹底サポートあり!!

市場価値が高まる資格を取得する

高卒転職の厳しい現実を打開する3つ目の方法は、市場価値が高まる資格を取得することです。

資格は結果が目に見えやすく成果を上げるためにどれだけ努力したのかが伝わりやすいため、企業側への大きなアピールポイントになります。

高卒社会人におすすめの資格は以下のとおりです。

  • 簿記3級
  • FP3級

上記の資格に限らず、市場価値の高まる資格を取得して高卒転職の厳しい現実を打開しましょう。

転職エージェントを利用して転職サポートを受ける

高卒転職の厳しい現実を打開する4つ目の方法は、転職エージェントを利用して転職サポートを受けることです。

高卒転職は厳しい現実があるため、自分1人だけで転職活動をしようとしてもなかなか思うようにいきません。

ただでさえ不利な高卒転職では、転職エージェントを上手に利用することが転職を成功させる鍵となります。

転職エージェントでは以下の転職サポートを無料で受けることができます。

  • 求人紹介・キャリア提案
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • 企業との連絡代行(書類送付・面接日程調整・合格連絡など)

キャリアアドバイザーが親身になってアドバイスしてくれるため、大卒と比べて不利な高卒転職でもスムーズに転職活動を進めることができますよ。

転職エージェントに登録したとしても必ず転職する必要はなく、相談だけでも利用可能ですので、気軽に利用してみてください。

当サイトでは高卒向けの転職エージェント・転職サイトを紹介しています。

実際に利用してみておすすめできる転職エージェント・転職サイトを紹介しているので参考にしてみてください。

※人生100年時代に対して会社の平均寿命は約23年となっています。今働いている会社はいつ潰れてもおかしくありません。

無料でキャリア相談&キャリアサポート!!

高卒向け転職エージェントを見てみる

※ 相談だけでも利用できます

まとめ|高卒はスキル・経験・行動力で勝負するしかない

高卒転職には厳しい現実があるのは間違いありません。

大卒の転職と比べて転職を成功させるハードルが高いのは確かでしょう。

高卒転職の現実が厳しい大きな理由は以下のとおりです。

高卒転職が厳しい理由
  • 現在は高卒が少数派であること
  • 学歴フィルターが存在していること

高卒転職の厳しい現実を打開する方法は以下のとおりです。

高卒転職の厳しい現実を打開する方法
  • 今までの経験を生かした業種・職種に転職する
  • 市場価値が高まるスキルを身につける
  • 市場価値が高まる資格を取得する
  • 転職エージェントを利用して転職サポートを受ける

高卒転職の厳しい現実は変えることができません。

少しでも転職の成功確率をあげるため、自ら行動してスキルや経験などアピールポイントを増やしていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25歳の高卒社会人。
「このままこの会社で働き続けて大丈夫だろうか…」という疑問と不安から転職活動中。
転職を考えている高卒社会人のために、高卒転職の現実と生の情報をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる