高卒におすすめの転職エージェントはこちら >>

高卒社会人が仕事を辛いと感じる理由と辛さを克服する4つの方法

  • 高卒で社会人として働いているけど仕事が辛い…
  • 頑張ってるけど評価されなくて悩んでいる…
  • この辛い状況を克服する方法はないのかなぁ…

僕自身は高卒で社会に出て7年ほど働いているため、高卒社会人が仕事に対して感じる辛い気持ちは痛いほど分かります。

この記事では以下について解説します。

  • 高卒が辛いと感じる理由
  • 高卒が辛いと感じた時の克服方法

結論、高卒社会人が仕事辛いと感じる状況から抜け出すには自分の心持ちと行動を変えるしかありません。

本記事では高卒社会人が抱える、仕事が辛いという状況から抜け出すための具体的な方法を提案します。

高卒社会人で、仕事が辛いなぁ…と悩んでいる人は参考にしてみてください。

運営者情報・サイトポリシー>>

クリックできる目次

高卒社会人が仕事を辛いと感じる4つの理由

なぜ高卒社会人は仕事を辛いと感じているのでしょうか。

高卒社会人が仕事を辛いと感じる理由は人それぞれですが、大きく以下のような理由があります。

高卒社会人が仕事を辛いと感じる理由
  • 学歴によって給料に差があること
  • 学歴によって成果に見合った評価がされにくいこと
  • やりたいと思える仕事をできていないこと
  • 学歴フィルターにより転職先が見つかりにくいこと

学歴によって給料に差があること

高卒社会人が仕事を辛いと感じる1つ目の理由が、学歴によって給料に差があることです。

以下のグラフは高卒と大卒の生涯賃金を表したグラフです。
見てのとおり、高卒と大卒の生涯賃金は4,000万円以上もの差が生まれています。

人にもよるとは思いますが、少なくとも大卒の方が高卒よりも給料が高くなる傾向にあるのはわかっていただけると思います。

高卒と大卒の生涯賃金の違いを表したグラフ
高卒と大卒の生涯賃金の違い

※ 年収・生涯賃金は、厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 学歴別にみた賃金」「令和元年賃金構造基本統計調査」より算出

上記のように学歴によって給料に差が生まれている現実が、高卒社会人が仕事を辛いと感じる原因の1つとなります。

関連記事:高卒の給料が上がらない理由と低い給料から脱却する3つの方法

学歴によって成果に見合った評価がされにくいこと

高卒社会人が仕事を辛いと感じる2つ目の理由が、学歴によって成果に見合った評価がされにくいことです。

日本の多くの会社はまだ学歴を重んじる風潮が残っており、いくら成果を出していたとしても高卒は正当な評価が受けづらい傾向にあります。

筆者の体験談

7年ほど勤務してきて、高卒で優秀な先輩でも出世・昇進できない事例をたくさん見てきました。

逆に仕事があまりできない人であっても大卒というだけで出世・昇進している事例もたくさん見てきました。

会社による部分も大きいとは思いますが、全体の傾向として大卒よりも高卒の方が成果に見合った評価を受けづらく、出世・昇進しにくいのが現実です。

同じくらいの成果を上げる大卒と高卒がいた時に、大卒が選ばれるのであればまだわかります。

大卒の方々は厳しい受験戦争と熾烈な就職活動を経験して入社してきているので。(全員が全員ではないと思いますが…)

しかし、学歴を重視した会社に属している場合は、いくら人より成果を挙げたとしても「高卒である」というだけで正当に評価されない現実があるのは確かなことです。

上記のように学歴によって正当な評価がされにくいことが、高卒社会人が仕事を辛いと感じる原因の一つとなります。

関連記事:高卒が出世できないのはウソ!!昇進を目指す高卒が取るべき5つの行動

やりたいと思える仕事ができていないこと

高卒社会人が仕事を辛いと感じる3つ目の理由が、やりたいと思える仕事ができていないことです。

あなたは自分がやりたいと思える仕事に就けていますか?
イエスと言える人はなかなか少ないかと思います。

現在、高卒の就職活動は1人1社制の学校斡旋求人が一般的です。

1人1社制の学校斡旋とは?

学校から紹介された求人の中から1人1社だけを決めて就職試験を受けるという制度のこと。

高校生に対して平等に就職機会を与えることを目的として作られた制度です。

1社しか選べないため、業務内容をしっかり吟味する時間や面接等で会社の雰囲気を把握するタイミングが少ないというデメリットがあります。

また1社目で落ちてしまった場合には、2社目を受ける時にはすでに良い求人が残っておらず、家庭環境等の理由で大学に行くこともできずに泣く泣く働きたくもない会社に就職するという可能性も。

高卒の場合は、1人1社制の学校斡旋求人という制度により心からやりたいと思える仕事につきにくい現実があります。

また、高校生の時に自分の将来・やりたい仕事を明確に答えられる人は少数派。
「就職したは良いけどやりたい仕事ではなかった」という状況に陥りやすいのが高卒就職の現実です。

上記の要因で心からやりたいと思える仕事に就けていないことが、高卒社会人が仕事を辛いと感じる原因の一つとなります。

学歴フィルターにより転職先が見つかりにくいこと

高卒社会人が仕事を辛いと感じる4つ目の理由が、学歴フィルターにより転職先が見つかりにくいことです。

転職エージェントや転職サイトを見てみると、「大卒以上」という縛りを設けている会社はたくさんあります。

もちろん学歴不問求人もあるのですが、ほとんどの企業に応募できる大卒と学歴不問求人のみに応募できる高卒とでは、どちらが自分に合った会社を見つけやすいのかは明白です。

経歴や経験にもよりますし、大卒以上と書いてあったとしても高卒が応募できる求人もあるので一概には言えません。
しかし、大卒の方が応募条件に当てはまりやすいのは事実でしょう。

「就職先を間違えたな…」と感じたとしても、高卒の場合は大卒よりも転職のハードルが高く軌道修正しにくいのは間違いないでしょう。

上記のように学歴フィルターにより転職先が見つかりにくいことが、高卒社会人が仕事を辛いと感じる原因の一つとなります。

仕事に辛さを感じない高卒社会人の特徴

高卒社会人のうち仕事が辛いと感じている人がいる一方で、仕事が辛いと感じない人もたくさんいます。

高卒社会人でも仕事が辛いと感じない人には、大きく以下のような特徴があります。

仕事を辛いと感じない高卒社会人の特徴
  • 人と比較をしすぎない
  • 成果が正当に評価される環境で働いている
  • スキルが身につく環境で働いている
  • やりがいを持てる環境で働いている

人と比較をしすぎない

仕事を辛いと感じない高卒社会人の特徴の1つ目は、人と比較をしすぎないことです。

人と比較をして足りない部分を埋める努力は必要ですが、あまりにも人と比較をしすぎてしまうと「自分はダメだ…」という思考に陥り、仕事が辛いと感じるようになってしまいます。

仕事を辛いと感じない高卒社会人は、人と比較をしすぎずに自分が変えられる部分に注力している傾向にあると言えるでしょう。

成果が正当に評価される環境で働いている

仕事を辛いと感じない高卒社会人の特徴の2つ目は、成果が正当に評価される環境で働いていることです。

高卒社会人が仕事を辛いと感じる理由の中でもお話したとおり、成果が評価に反映されずに学歴によって評価される会社で働いている場合、「どれだけ頑張っても報われない」と感じて仕事が辛いと感じてしまいます。

逆に成果が正当に評価される会社で働いていれば、頑張って成果を上げた分だけ評価されるため、仕事に対するモチベーションは高まるでしょう。

成果主義も人によって向き不向きがありますが、仕事を辛いと感じない高卒社会人は成果が正当に評価される環境で働いている傾向にあると言えるでしょう。

スキルが身につく環境で働いている

仕事を辛いと感じない高卒社会人の特徴の3つ目は、スキルが身につく環境で働いていることです。

スキルが身につく環境で働けていれば、自己成長を感じることができるため仕事が辛いというよりも楽しいと感じられる人の割合が高くなります。

もちろん、スキルが身につく環境であるがゆえの苦悩はあるかもしれませんが、スキルがほとんど身につかない会社とスキルが身につく会社を比べたら、どちらが仕事に対しての充実感や楽しさを感じやすいかは明白です。

仕事を辛いと感じない高卒社会人はスキルが身につく環境で働いている傾向にあると言えるでしょう。

やりがいを持てる環境で働いている

仕事を辛いと感じない高卒社会人の特徴の4つ目は、やりがいを持てる環境で働いていることです。

高卒社会人が仕事を辛いと感じる理由の中でもお話したとおり、高卒の場合は1人1社制の学校斡旋求人からの就職活動が一般的であるため、やりたいと思える仕事ができていない可能性が高くなります。

その中でも運良く自分がやりたいと感じる仕事に就くことができている人は、やりがいをもって働けるため仕事を辛いと感じない可能性も高くなります。

上記のとおり、仕事を辛いと感じない高卒社会人はスキルが身につく環境で働いている傾向にあると言えるでしょう。

高卒社会人が辛さを克服するために取るべき4つの方法

それでは、高卒社会人で仕事が辛いと感じている人はどうすればいいのでしょうか。

高卒社会人で仕事が辛いと感じる人が取るべき行動は以下のとおりです。

仕事を辛いと感じた時に取るべき行動
  • 学歴よりも成果が重視される環境で働く
  • 少しでも自分が興味を持てる仕事をする
  • スキルを身につけて自信を高める
  • 通信制大学を使って大学資格を取る

学歴よりも成果が重視される会社で働く

仕事を辛いと感じる高卒社会人が取るべき行動の1つ目は、学歴よりも成果が重視される会社で働くことです。

学歴が重視されている会社で働き続けていると、いくら頑張っても評価されない無力感を感じてしまい、いつまでも辛いという気持ちが拭えないまま年齢だけを重ねてしまうことになります。

会社側を変えることはなかなかできないため、自分が動くしか状況を好転させる術はありません。

「学歴によって正しく評価されないことが辛い」と感じているのであれば、学歴よりも成果が重視される会社への転職を考えてみてください。

転職エージェントを利用することで、転職相談、履歴書・職務経歴書添削、面接練習など、さまざまな転職サポートを完全無料で受けることができ、転職市場や自社以外の会社の情報収集が可能となります。

外の情報を知らなければ今の会社に安く買い叩かれている場合でも気づくことができないため、結果的に転職しなかったとしても定期的に外部の情報を集めて置くことは重要です。

※人生100年時代に対して会社の平均寿命は約23年となっています。今働いている会社はいつ潰れてもおかしくありません。

転職エージェントに登録したとしても必ず転職する必要はなく、相談だけでも利用可能ですので、気軽に利用してみてください。

無料でキャリア相談&キャリアサポート!!

高卒向け転職エージェントを見てみる

※ 相談だけでも利用できます

少しでも興味を持てる仕事をする

仕事を辛いと感じる高卒社会人が取るべき行動の2つ目は、少しでも興味を持てる仕事をすることです。

先に説明したとおり、高卒の就職は1人1社制の学校斡旋求人という制度によって、自分がやりたい仕事に就きにくい構造になっています。

また、「大学4年間」という人生や将来について考えられる貴重な期間を過ごせていないことで自分のやりたいことが見つからないままなんとなく就職したという方もたくさんいることでしょう。

今、やりたくもない仕事をしている方は、少しでも興味を持てる仕事への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用することで、転職相談、履歴書・職務経歴書添削、面接練習など、さまざまな転職サポートを完全無料で受けることができ、転職市場や自社以外の会社の情報収集が可能となります。

外の情報を知らなければ今の会社に安く買い叩かれている場合でも気づくことができないため、結果的に転職しなかったとしても定期的に外部の情報を集めて置くことは重要です。

※人生100年時代に対して会社の平均寿命は約23年となっています。今働いている会社はいつ潰れてもおかしくありません。

転職エージェントに登録したとしても必ず転職する必要はなく、相談だけでも利用可能ですので、気軽に利用してみてください。

無料でキャリア相談&キャリアサポート!!

高卒向け転職エージェントを見てみる

※ 相談だけでも利用できます

スキルを身につけて自信を高める

仕事を辛いと感じる高卒社会人が取るべき行動の3つ目は、スキルを身に着けて自信を高めることです。

スキルを身につけることで別の会社に転職しても働けるという気持ちから自分に自身を持つことができます。

スキルを身につけることは並大抵のことではありませんが、必ず自分の人生にとってプラスに働きます。

「自分が今勤めている会社ではスキルが身につかないから仕事にやりがいを持てずに辛い」と感じている人は何かしらのスキルを身につける努力が状況を好転させる鍵になります。

現代においておすすめのスキルはITスキルです。

なぜなら現段階でも確実にIT化が進んでいますし、今後も必ず必要となるスキルだからです。

自分に自信を持てずに仕事が辛いと感じている人は、スキルを身につけるために少しだけでも頑張ってみてはいかがでしょうか。

ITスキルを身につけるならテックアカデミーがおすすめです。

全31種類ものコースからこれからの時代に必須なITスキルを身につけることができます。

ITスキルは年齢に関わらず必須のスキルになりつつあるため、「なにかスキルを身に着けたい」と感じている人は体験してみて損はありません。

無料体験無料キャリア相談も可能ですのでぜひ試してみてください。

無料体験 & 無料キャリア相談が可能!!

テックアカデミーを詳しく見る

※現役エンジニアによる徹底サポートあり!!

大学資格を取る(通信制大学)

仕事を辛いと感じる高卒社会人が取るべき行動の4つ目は、大学資格を取ることです。

根本的に高卒として見られること自体が耐えられないという方におすすめの方法です。

高卒社会人の場合、仕事をしながら大学に通うことは難しいため、通信制大学を検討してみると良いでしょう。

通信制大学の情報を集めるなら「なるには進学サイト」がおすすめです。

無料資料請求が可能ですので、少しでも大卒資格が欲しいと感じている高卒社会人の方は気軽に試してみてください。

無料資料請求で通信制大学を比較しよう!!

なるには進学サイトを詳しく見る

※ らくらく1分で資料請求完了

まとめ|仕事が辛いと感じたら働く場所を変えるかスキルを見つけよう!!

高卒社会人が仕事を辛いと感じる状況から抜け出すには自分の心持ちと行動を変えるしかありません。

高卒社会人が仕事を辛いと感じる理由には以下のようなさまざまな要因があります。

  • 学歴によって給料に差があること
  • 学歴によって成果に見合った評価がされにくいこと
  • やりたいと思える仕事をできていないこと
  • 学歴フィルターにより転職先が見つかりにくいこと

実際に上記に当てはまっており、少しでも仕事が辛いと感じている高卒社会人は以下の行動を実践してみてください。

仕事を辛いと感じた時に取るべき行動
  • 学歴よりも成果が重視される環境で働く
  • 少しでも自分が興味を持てる仕事をする
  • スキルを身につけて自信を高める
  • 通信制大学を使って大学資格を取る

仕事が辛いという状況を好転させたければ、会社の評価制度などの自分でコントロールできない部分ではなく自分が働く場所などの自分でコントロールできる部分を変えることに注力したほうがコスパが良いです。

高卒で少しでも仕事が辛いと感じている方は、今の状況を変えるために一歩踏み出してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25歳の高卒社会人。
「このままこの会社で働き続けて大丈夫だろうか…」という疑問と不安から転職活動中。
転職を考えている高卒社会人のために、高卒転職の現実と生の情報をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる