高卒におすすめの転職エージェントはこちら >>

高卒には仕事がないってホント?高卒でもできる仕事の特徴と転職しやすい仕事は?

  • 高卒で転職しようとしているけど仕事が見つからないんじゃないか…
  • 高卒でも自分がやりたい仕事に就けるのかな??
  • 高卒転職ではどんな特徴のある企業を狙うべき??

僕自身、高卒で社会に出て7年ほど働き、現在は転職活動を行っているため上記のような不安は痛いほど理解できます。

この記事では以下について解説します。

  • 高卒がつける仕事はないという話の実際のところ
  • 高卒でもできる仕事の特徴
  • 高卒でも転職しやすいおすすめの仕事
  • 高卒が仕事選びで後悔しないために気をつけること

結論、高卒が就ける仕事はないというのは言いすぎですが、大卒と比べて仕事の幅や選択肢が狭くなってしまうことは間違いありません。

大きな理由としては、優秀な人材を獲得できる確率を高めるために学歴によってフィルターをかけている企業が多く存在するからです。

本記事では高卒でも転職を狙いやすい業界をあわせて紹介しています。

高卒で転職したいけど仕事がないんじゃないか…と悩んでいる人は本記事を参考にしてみてください。

運営者情報・サイトポリシー>>

クリックできる目次

高卒だと仕事がないのは本当【選択肢が狭まります】

「高卒には就ける仕事がない」というのは少し言い過ぎではありますが、あながち間違っていません。
高卒の転職は大卒の転職と比べて選択肢が狭まるため、”大卒と比較して”仕事がないというのは間違いないでしょう。

企業が採用活動をする目的は優秀な人材を獲得すること。
優秀な人を採用する確率を少しでも高めるために学歴フィルターを設けざるをえない現実があります。

もちろん高卒にも優秀な人がいるのは事実ですが、企業が採用活動に割けるリソース(人・時間)は決まっているため、むやみやたらに間口を広げるメリットはありません。

以下は転職エージェントdodaエージェント、リクルートエージェントにおける高卒が応募可能な求人の調査結果です。

全体の求人数に対して高卒が応募可能な求人の数は約半数程度となっていることがわかるかと思います。

調査対象

  • dodaエージェント
    全求人:110,094件(2021年12月現在)
  • リクルートエージェント
    全求人:146,894件(2021年12月現在)

調査結果

転職エージェント全求人数高卒が応募できる求人
dodaエージェント110,094件56,625件(51%)
リクルートエージェント146,894件84,987件(58%)
高卒が応募できる求人数(doda)

上記のように、学歴フィルターがあることで選択肢が大きく狭まるため「高卒は仕事がない」と言われてしまうのです。

関連記事:高卒転職の厳しい現実に打ち勝つ方法4選【スキル・経験・行動力で勝負】

高卒でもできる仕事の特徴 5選

では、高卒でもできる仕事にはどんな特徴があるのでしょうか?

高卒でもできる仕事の5つの特徴は以下のとおりです。

高卒でもできる仕事の特徴
  • 大卒資格がいらないこと
  • 古くからある大企業ではないこと
  • 若手が中心の業界であること
  • 成果主義型の仕事
  • 人手が足りていない仕事

大卒資格がいらないこと

高卒でもできる仕事の特徴の1つ目は、大卒資格がいらないことです。

以下をはじめとする大卒資格が必要な仕事(現実的に厳しい仕事)は、最終学歴が高卒の方は就くことができません。

  • 医師・歯科医師・獣医師
  • 薬剤師
  • 弁護士
  • 検事 など

少数派だとは思いますが、これらの仕事を目指すのであれば大学への編入を視野に入れる必要があるでしょう。

古くからある大企業ではないこと

高卒でもできる仕事の特徴2つ目は、古くからある大企業ではないことです。

古くからある大企業の場合、大卒が応募資格となっている場合が多く、高卒では転職を成功させづらい現実があります。

どうしても大企業のネームバリューが欲しい方は、IT系の企業や外資系企業であれば比較的転職しやすいでしょう。(高いレベルのスキルは必要となります。)

未経験の業界にで大企業に転職したい方は、一発目の転職で大企業を目指すのではなく、中小企業で実績とスキルを積んでから大企業にステップアップする道を視野に入れてみてください。

若手が中心の業界であること

高卒でもできる仕事の特徴3つ目は、若手が中心の業界であることです。

若手が中心の業界は年功序列・学歴主義が薄く、やる気や実力次第で採用してもらえる可能性が高くなります。

実力主義であることにより、入社してからも成果さえ残せば出世しやすいという特徴もあります。

若手が中心の業界を狙うことで高卒であっても転職を成功させやすく、転職後も正当な評価をされやすいでしょう。

成果主義型の仕事

高卒でもできる仕事の特徴4つ目は、成果主義型の仕事です。

以下をはじめとする成果主義型の仕事の場合、学歴よりも今までの実績やこれから成果を残せる人材かどうかが採用の焦点となります。

  • アパレル業界
  • 不動産業界
  • ITベンチャー
  • 外資系企業 など

現在の仕事のなかで培ってきたものをどのように活かせるのかという視点で自分自身を売り込めば高卒であっても転職しやすいでしょう。

人手が足りていない仕事

高卒でもできる仕事の特徴5つ目は、人手が足りていない仕事です。

人手が足りていない仕事は学歴フィルターを設けていないことが多いため、高卒でも比較的転職しやすいと言えるでしょう。

ブラック企業の可能性は疑わなくてはいけませんが、人手が足りていないことで重要な仕事が回ってきやすく、スキルや実績が積みやすいという特徴もあります。

高卒でも転職しやすいおすすめの仕事

では、具体的に高卒でも転職しやすいおすすめの仕事は何があるのでしょうか?

高卒でも転職しやすいおすすめの仕事は以下のとおりです。

高卒でも転職しやすい仕事
  • ITエンジニア
  • 営業職
  • 人材サービス

※dodaエージェントでの調査結果・転職エージェントへの聞き取り結果から選定しています。

ITエンジニア

高卒でも転職しやすい仕事の1つ目は、ITエンジニアです。

転職エージェントに聞いたところ、「ITエンジニアは人手不足であり、需要が多いことから未経験でも比較的転職しやすい」とのことでした。

また、IT人材需給に関する調査-調査報告書-経済産業省によると、2030年時点でのIT人材は需要が供給を16〜79万人上回ると試算されています。

その結果、2030 年時点での IT 人材の需要と供給の差(需給ギャップ)は、生産性の上昇率が 0.7%の場合、需要が供給を16~79 万人上回ると試算され、需給ギャップの緩和に向けて生産性の向上を図る必要があることなどが示された。

引用:IT人材需給に関する調査-調査報告書-経済産業省

このことから、ITエンジニアの需要がより一層高まっていくことは間違いないため、高卒でも比較的転職しやすいと言えるでしょう。

営業職

高卒でも転職しやすい仕事の3つ目は、営業職です。

営業職はサービスを提供するほぼすべての会社に必要な職種。そのため求人需要も多く比較的転職しやすいと言えるでしょう。

営業職の求人動向について転職エージェントに聞いたところ、「営業職はどの業界に属している会社でも必要な職種なので需要はかなりありますし増え続けています」とのことでした。

中でも企業に対する営業を行う法人営業は、市場価値も高まることからおすすめの職種とのこと。

営業スキルはどの会社でも使える汎用的なスキルであるため、仮に入った会社が向いていなかったとしてもスキルさえ身に着けておけば転職しやすいというメリットがあります。

また、営業という職種には必要な資格・学歴が不要であるため、高卒でも転職を成功させやすい職種と言えるでしょう。

人材サービス業

高卒でも転職しやすい仕事の3つ目は、人材サービス業です。

矢野経済研究所の人材ビジネス市場に関する調査(2021年)によると、人材ビジネス(就職・転職・派遣サポート)の市場規模は毎年増加傾向にあることがわかります。

出典:人材ビジネス市場に関する調査(2021年)

また、第一生命経済研究所の転職者数調査によると、転職を希望している労働者の人数は増加傾向にあるとのこと。

転職実現人数は、コロナの影響により2020年ー2021年にかけて落ち込んでいますが、転職希望者の数は増加傾向にあるため、コロナが収まれば転職実現数も増加してくと思われます。

出典:転職希望者数の推移

人材サービスは転職したい人が多ければ多いほど伸びていくビジネスモデルのため、求人需要が高く高卒でも転職を成功させやすいと言えるでしょう。

高卒が仕事選びで後悔しないために気をつけること

人生において約30%を占める仕事。どうせ転職するなら後悔がない仕事に就きたいですよね。

高卒が仕事選びで後悔しないために気をつけることについて、高卒就職で入社した会社を失敗したと感じている僕の経験からお伝えします。

高卒が仕事選びで後悔しないために気をつけることは以下の4つです。

仕事選びに後悔しないために
  • 他の会社でも使えるスキルが身につく仕事をする
  • 自分が興味のある業界で仕事をする
  • 今後伸びる見込みのある業界を狙う
  • 仕事を変えたいと思っているなら即行動する

他の会社でも使えるスキルが身につく仕事をする

高卒が仕事選びで後悔しないために気をつけるべきこと1つ目は、他の会社でも使えるスキルが身につく仕事をすることです。

今や企業の平均寿命は23年ほど。人生100年時代においては一つの会社で働き続けられる保障はどこにもありません。

日本経団連会長は、「高度経済成長期にマッチしていた終身雇用という制度は限界がある」という発言を残しています。

他の会社でも使えるスキルが身につく仕事をすることで、入社した会社が仮に倒産してしまったとしてもすぐに働き口を見つけることができ、転職によるステップアップもしやすくなります。

僕は現在高卒で入社した企業に勤め続けて7年目ですが、この会社でしか使えない知識やスキルが身につくばかり。

そのため、仕事選びに関しては本気で後悔しており、転職活動に勤しんでいるところです。

僕と同じような状況にならないためにも、他の会社でも使えるスキルが身につく会社を選択するようにしましょう。

自分が興味のある業界で仕事をする

高卒が仕事選びで後悔しないために気をつけるべきことの2つ目は、自分が興味のある業界で仕事をすることです。

なぜなら、せっかく転職を成功させたとしてもすぐに仕事が嫌になり、無駄に仕事を転々としてしまう可能性が高いからです。

興味を持てない仕事しかできない会社に入社すると、スキルを身につけるための努力が苦になってしまいますし、仕事をする意味ややりがいを感じられなくなってしまいます。

「好きなことを仕事にしてうまくいくほど甘くない」とよく言われますが、これは全くもって違うと思います。

普通に考えて嫌いなことを仕事にしたほうがうまくいきにくいに決まっています。

人生の大部分を占める仕事の時間をより良いものにするためにも自分が少しでも興味のある業界への転職を狙いましょう。

今後伸びる見込みのある業界を狙う

高卒が仕事選びで後悔しないために気をつけるべきことの3つ目は、今後伸びる見込みのある業界を狙うことです。

なぜなら、伸びる見込みのある業界で働いてスキルを身につけることで、大きな需要に対して労働力を提供することができるからです。

せっかくスキルを身に着けたとしても業界自体が伸びなければ将来的にスキルを活用できる場面が減っていくということ。

伸びない業界でスキルを身につけるよりも伸びる業界でスキルを身につける方が将来的な価値が高いのは明白ですよね。

せっかく職を変えるのであれば、将来的な需要を考えて今後伸びる見込みのある業界を狙うようにしましょう。

仕事を変えたいと思っているなら即行動する

仕事選びとは少しずれますが、高卒で仕事を変えたいという気持ちが少しでもあるならば即行動することが最も重要です。

なぜなら、高卒はただでさえ仕事の選択肢が狭いという現実があるのにも関わらず、悩んで立ち止まっている間に年齢を重ねてしまえば若さという最強の武器を失ってしまうからです。

人生で一番若い瞬間である「今」動き出さなければ何も変わらずに現状が続いたまま年老いてしまいます。

今この瞬間に動き出せるかどうかで今後の人生が大きく変わります。

必ずしも転職する必要はありませんが、情報収集のために転職活動(転職エージェントへの相談や転職サイトでの求人票チェック)はすぐにでも行うべきです。

転職エージェントや転職サイトでは無料で転職活動を受けられるため、求職者側のリスクはゼロ。

「転職したいけど仕事がないんじゃないかな…」と悩んで立ち止まるくらいなら、とりあえず仕事や転職に関する情報収集のために転職活動を始めるのをおすすめします。

僕も転職活動をスタートしたことで、「仕事辞めたいなぁ」と悩んでいた頃と比べて転職市場の動向や市場価値に目を向けることができました。

「自分にはこの仕事向いていないな」と感じながらも7年弱も放置してきたことに、今ではとても後悔しています。

この記事を最後まで読んでくださったあなたには後悔してほしくないため、早めに転職活動を始めてみてください。

転職エージェントを利用することで、転職相談、履歴書・職務経歴書添削、面接練習など、さまざまな転職サポートを完全無料で受けることができ、転職市場や自社以外の会社の情報収集が可能となります。

外の情報を知らなければ今の会社に安く買い叩かれている場合でも気づくことができないため、結果的に転職しなかったとしても定期的に外部の情報を集めて置くことは重要です。

※人生100年時代に対して会社の平均寿命は約23年となっています。今働いている会社はいつ潰れてもおかしくありません。

転職エージェントに登録したとしても必ず転職する必要はなく、相談だけでも利用可能ですので、気軽に利用してみてください。

無料でキャリア相談&キャリアサポート!!

高卒向け転職エージェントを見てみる

※ 相談だけでも利用できます

まとめ|仕事がないことを悩む前に行動しよう

冒頭でお話したとおり、「高卒が就ける仕事がない」というのは言いすぎですが、大卒と比べて仕事の幅や選択肢が狭くなってしまうことは間違いありません。

そのため、以下のような特徴を持つ企業・仕事を狙うのが得策です。

高卒でもできる仕事の特徴
  • 大卒資格がいらないこと
  • 古くからある大企業ではないこと
  • 若手が中心の業界であること
  • 成果主義型の仕事
  • 人手が足りていない仕事

以下の項目についてチェックすれば仕事選びで失敗しにくいため、頭の片隅に置きながら転職活動をしてみてください。

仕事選びに後悔しないために
  • 他の会社でも使えるスキルが身につく仕事をする
  • 自分が興味のある業界で仕事をする
  • 今後伸びる見込みのある業界を狙う
  • 仕事を変えたいと思っているなら即行動する

特に最後の「仕事を変えたいと思っているなら即行動する」については高卒転職において最も重要なこと。

高卒はただでさえ仕事の選択肢が狭いという現実があるのにも関わらず、悩んで立ち止まっている間に年齢を重ねてしまえば若さという最強の武器を失ってしまうからです。

人生で一番若い瞬間である「今」動き出さなければ何も変わらずに現状が続いたまま年老いてしまいます。

「仕事を変えたいけど高卒の自分ができる仕事はないしなぁ…」と迷って立ち止まっている方は高卒におすすめの転職エージェント・転職サイトを参考に、一歩踏み出して転職活動を始めてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25歳の高卒社会人。
「このままこの会社で働き続けて大丈夫だろうか…」という疑問と不安から転職活動中。
転職を考えている高卒社会人のために、高卒転職の現実と生の情報をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる