高卒におすすめの転職エージェントはこちら >>

高卒が出世できないのはウソ!!昇進を目指す高卒が取るべき5つの行動

  • 最終学歴が高卒だと出世できないのかな…
  • 高卒は昇進しづらいってホント?
  • 高卒が出世するにはどうしたらいいの?

僕自身、高卒で社会に出て7年ほど働いているのでこのような気持ちは痛いほど分かります。

この記事では以下について解説します。

  • 高卒が出世できない件に関する真偽
  • 高卒が出世するためにすべき行動 5選

結論、高卒が出世できないというのはウソです。

しかし、大卒と比べて出世・昇進がしづらいというのは本当です。

この記事では、高卒でも出世したい人が取るべき具体的な行動まで落とし込んで解説しています。

高卒でも出世して良い給料をもらいたい!!と思っている方は参考にしてみてください。

運営者情報・サイトポリシー>>

クリックできる目次

高卒が出世できないのはウソだが昇進しづらいのは本当

冒頭でもお話したとおり、高卒が出世できないのはウソです。

僕は現在従業員数1万人以上のそこそこ大きな企業で働いているのですが、高卒であっても出世・昇進していっている人をたくさん見てきました。

逆に、有名大学の出身者であっても「仕事ができない」という理由で出世・昇進できない人もたくさん見てきました。

もちろん働いている会社による部分が大きいとは思いますが、高卒だからといって必ずしも出世できないというわけではありません。

とはいえ、高卒が出世・昇進しづらいのは本当のこと。

特に若いうちは高卒と大卒の出世・昇進スピードはかなり大きな差があるのは確かでしょう。

僕の経験からにはなりますが、若い世代においては同じ成果を出していても大卒のほうが優遇される傾向にあります。

40代くらいになれば学歴による出世のしやすさの差は比較的小さくなっていきますが、20代〜30代前半のうちは高卒が大卒を差し置いて出世するのはハードルが高く、かなりの努力と運が必要となります。

上記のように高卒が出世できないという話はウソですが、高卒の方が出世競争に勝ち残りにくいのは事実となります。

高卒が出世できるかどうかは会社選びにかかっている

高卒が出世できるかどうかは会社選びにかかっています。

出世の条件として学歴の比重が大きな会社であれば、その場所でいくら頑張っても出世はできません。

逆に、学歴ではなく成果を重視する会社であれば成果を出しさえすれば出世することが可能です。

業種にもよりますが、古くからある大企業は学歴重視・年功序列の文化が根付いており、ベンチャー企業は学歴や年齢ではなく成果を重んじる傾向にあります。

高卒であっても出世したいと考えているのであれば、自分が勤めている会社が学歴重視の傾向があるのかないのかを把握しておくべきです。

出世したいと思っているのに、学歴がないと出世できない会社に勤め続けていても時間を無駄に浪費するだけとなってしまうからですね。

高卒でも出世できるのかできないのかは、管理職の中に高卒がいるのかいないのかで判断しましょう。

「高卒でもガンガン出世していきたい!!」という野望がある方は、自分が勤めている会社が学歴を重視する会社かどうかを把握することが必須となります。

出世・昇進を目指す高卒が取るべき5つの行動

では、高卒でも出世していくためにはどうすれば良いのでしょうか。

高卒でも出世・昇進の道を歩むために必要な行動は以下のとおりです。

高卒が出世するために取るべき行動
  • 出世の見込みがない会社なら転職する
  • 目標とする先輩・上司を決めて真似る
  • 仕事で成果を出す・後輩育成により社内価値を高める
  • 職場の人と円滑にコミュニケーションを取る
  • スキルを身に着けて市場価値を高める

出世の見込みがない会社なら転職する

1つ目の行動が、出世の見込みがない会社から転職することです。

先に説明したとおり、学歴を重んじる会社の中ではいかに努力して成果を上げたとしても出世することはできません。

出世したいと思っているのに出世できない場所で働いていても時間のムダとなってしまいます。

自分が今勤めている会社の出世・昇進条件を把握して、出世の見込みがない場合は転職を視野に入れて見てください。

転職エージェントを利用することで、転職相談、履歴書・職務経歴書添削、面接練習など、さまざまな転職サポートを完全無料で受けることができ、転職市場や自社以外の会社の情報収集が可能となります。

外の情報を知らなければ今の会社に安く買い叩かれている場合でも気づくことができないため、結果的に転職しなかったとしても定期的に外部の情報を集めて置くことは重要です。

※人生100年時代に対して会社の平均寿命は約23年となっています。今働いている会社はいつ潰れてもおかしくありません。

転職エージェントに登録したとしても必ず転職する必要はなく、相談だけでも利用可能ですので、気軽に利用してみてください。

目標となる先輩・上司を決めて真似る

2つ目の行動が、目標となる先輩・上司を決めて真似ることです。

自分が成長するには、成功例を知って成功している人をよく観察して真似ることが重要です。

なぜなら成功している人を真似ることによって成功確率が大幅に上がるからです。

成功している人の真似をして100%成功できるとは限りません。
しかし、ロールモデルを決めずに一人で0から努力することと比べたら成功確率が高くなるのは理解できるかと思います。

目標となる先輩・上司は一人である必要はありません。

この部分はこの人、あの部分はこの人…というように、尊敬できるポイントごとに真似る先輩・上司を決めましょう。

尊敬できる先輩・上司の良いところを真似し、自分に取り入れることで出世・昇進への道へ一歩近づくことができます。

仕事で成果を出す・後輩育成により社内価値を高める

3つ目の行動が、仕事で成果を出して社内価値を高めることです。

出世の条件として学歴ではなく成果が重視されている会社であることが条件ですが、仕事で成果を出して社内価値を高めることで出世・昇進に近づくことができます。

出世・昇進には社内価値が重要です。

社内でどれだけ評価されているかが出世・昇進できるかどうかに深く関わるからです。

社内価値を高めるためには、新しい仕事や携わったことのない仕事に積極的に関わる姿勢を見せ、「あいつは仕事ができるし積極性もある」というイメージを植え付けましょう。

また、後輩育成に尽力するのも一つの手です。

出世して管理職になった時に一番求められるスキルはマネジメント能力です。

自分自身が仕事をできたとしても、後輩や部下に仕事を任せて適切なタイミングで適切なアドバイスをできる人材は多くありません。

仕事の出来は人並であったとしても、後輩や部下を育成する能力がある人は重宝されますし出世・昇進させる人を決めるタイミングで名前が上がりやすくなります。

高卒でも出世したい方は、自分の仕事で成果を出し後輩育成を積極的に行うことで社内価値を高めていきましょう。

職場の人と円滑にコミュニケーションを取る

4つ目の行動が、職場の人と円滑にコミュニケーションを取ることです。

出世・昇進する人を決めるのはあくまで人。

成果が重視される会社であったとしても、人と人との関係性が出世に大きく影響するのは理解できるかと思います。

いくら仕事ができるとしても、人間関係が悪ければ出世・昇進のテーブルに上がりづらくなりますし、社内での評価が高まりづらいのは明白です。

3つ目で解説した「社内価値の向上」にも繋がるのですが、社内価値を高めるためには同僚や上司からの評判や口コミが必要となります。

職場の人と円滑にコミュニケーションを取ることで仕事の成果を正しく認識してもらいやすくなり、自身の評判・口コミの向上に一役買ってくれます。

プライベートの時間を消費してまで深く踏み込む必要はありませんが、気兼ねなく話せる程度の関係性は作っておいたほうが良いでしょう。

高卒でも出世・昇進したいと考えている人は職場の人と円滑にコミュニケーションを取ることを意識してみてください。

スキルを身につけて市場価値を高める

5つ目の行動が、スキルを身につけて市場価値を高めることです。

社内での価値を高めることはもちろん重要ですが、市場価値を高めることもかなり重要な要素です。

先にも紹介したように、会社の平均寿命は約23年です。

人生100年時代・65歳まで働かなくてはいけない世の中で、1つの会社で一生働き続けるのはかなり無理があります。

もちろん、中には自身が定年になるまで生き残り続ける企業もありますが、全体で見れば経営が傾いてリストラにあうリスクのほうが遥かに高いと言えるでしょう。

何も準備をせずに失業し、次に働くあてもなく途方に暮れるという状況は避けたいですよね。

今働いている会社が傾いた場合に備えて、スキルを身につけ市場価値を高めておくことは必ず人生においてプラスになりますし、損はありません。

スキルを身につけることで、リストラに対するリスクヘッジと社内評価が高まることによる出世のしやすさを勝ち取ることができるため、一石二鳥となります。

これからの時代、市場で評価されるにはITスキルを身につけておくのがおすすめです。

なぜならITスキルの需要は伸び続けており、需要に対して供給が追いついていないからです。

具体的に使えるITスキルは以下のとおり。

  • プログラミング
  • マーケティング
  • Webデザイン
  • 動画編集

など

ITスキルを身につければ、転職や出世による給料アップの可能性も大いにあります。

高卒でも出世したいと考えている方はスキルを身につけて市場価値を高めることを意識してみてください。

ITスキルを身につけるならテックアカデミーがおすすめです。

全31種類ものコースからこれからの時代に必須なITスキルを身につけることができます。

無料体験無料キャリア相談も可能ですのでぜひ試してみてください。

無料体験 & 無料キャリア相談可能!!

現役エンジニアによる徹底サポートあり!!

まとめ|高卒で出世したいならスキルと成果を高める努力が必須

記事内で解説したように、高卒が出世できないというのはウソです。

しかし、大卒と比べて出世・昇進がしづらいというのは本当です。

そのため、高卒が出世・昇進するためには大卒よりもたくさんの努力と成果が評価される環境が必要となります。

具体的に高卒が出世するために取るべき行動は以下のとおり。

高卒が出世・昇進するために取るべき行動
  • 出世の見込みがない会社なら転職する
  • 目標とする先輩・上司を決めて真似る
  • 仕事で成果を出す・後輩育成により社内価値を高める
  • 職場の人と円滑にコミュニケーションを取る
  • スキルを身に着けて市場価値を高める

高卒が出世するためには大卒よりも高いハードルを超える必要があります。

「高卒だけど出世したい!!」と考えている人は悩んで立ち止まっている暇はありません。

スピード感をもって一歩ずつ出世・昇進に向けて行動していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

25歳の高卒社会人。
「このままこの会社で働き続けて大丈夫だろうか…」という疑問と不安から転職活動中。
転職を考えている高卒社会人のために、高卒転職の現実と生の情報をお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックできる目次
閉じる